ここでnijo-nazuna.jpは使用できなくなりました。 代わりにnazuna.co/enを試してください。

伝統的な日本家屋の特徴

現代では数が減ってしまっていますが、日本の昔ながらの家屋は、時代によってその形式を変えながらユニークな文化を伝承してました。ここでは、伝統的な日本家屋の特徴を紹介します。

木造建築

西洋の家屋との一番の違いは素材にあるのかもしれません。日本では長きにわたり多様な木材が家屋に使われる木造家屋が主流でした。夏に暑くなる日本では、熱を逃すのにうってつけの素材だったのです。ただし、性質上燃えやすいため、江戸時代には「火事と喧嘩は江戸の華」というフレーズが生まれるほど、家屋の火災が多かったと言われています。

こちらの動画では、伝統的な工法による木造家屋の建築風景を見ることができます。
日本家屋、数奇屋による 伝統的な家づくり けやき建築設計の仕事04

障子や襖を用いた空間作り

障子や襖は、限られた室内の空間を柔軟に有効活用するのに優れたツールです。これらをすべて取り外して一つの大きな部屋を作ったり、細かく区切って客の人数や用途別の空間を複数作ったりすることもできます。これも昔の人の知恵の結晶と言えるでしょう。